2008年05月08日

夜店にも行ってみよう♪

タイには至るところに露店があり、


いろいろなものを安く買うことが出来ます。


有名なところれあれば、


パッポン通りやスクンビット通り沿いなどが有名です。


バッグ


いわゆる「バッタ物」と言われる、


ルイ・○トンやシャ○ルなどのバッグ、


財布などが売っています。


バッタ物と分かっていて購入するのは法律違反です。


一応相場を言っておくと、


財布で1つ300バーツ程度、バッグで1つ500バーツ程度。


最近ではこの手のバッタ物商品の警察による取り締まりが厳しく


値段も上がってきているようですが、粘って値切ってみては?


交渉決裂で帰るフリをするとだいたい引き止めて値段を下げてくれます。


時計


バッグと同様、こちらもロ○ックス、タグ○イヤーなどの


各種メーカーの時計が揃ってます。


本物そっくりのものから、いかにもマガイ物というものまでいろいろです。

自動巻きの時計と、電池で動くタイプの2種類が存在しますが、


やはり自動巻きの時計の方が値段が高く設定されています。


自動巻きのタイプで500バーツ、電池のタイプで300バーツまで


値切れれば上出来だと思います。


ちなみに最初の言い値は


欧米人だと1500バーツ、日本人だと2500バーツなんですって。


やっぱり日本人はお金持ちだと思われてるみたいです。


サングラス、メガネ


ノーブランドから、レイ○ン、オー○レー、シャ○ルなどの


一流ブランドのサングラスまで、豊富あります。


作りは驚くほどしっかりしています。本物とそっくり。


1つ150バーツ程度になるまで粘ってみるといいですよ


靴、サンダルなど履物を扱っている露店も多数あります。

ノーブランドから、アディダス、ナイキなどのブランド名が

明記されているものまで、多数の品揃えがあります。


もちろん偽者ですけどね。


値段は履物の種類によって幅がありますが、


サンダルであれば50バーツぐらいから。


CDやビデオソフトなどを扱う露店


音楽CDの種類は洋楽系の品揃えが多いです。


またVCDやDVDなどのビデオソフトは、



現在公開中の映画が何故か販売されています。



私はバットマンが日本で公開されたばかりの頃、


そのVCDを買った事があります。


一枚100バーツ程度です。たくさん買うと値切りやすいです。


Tシャツやポロシャツなどのシャツを扱う露店


ブランドTシャツは100パーセント偽者です。


一枚100バーツ前後です。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

posted by gartan at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14744618

この記事へのトラックバック