2008年05月12日

ウイークエンドマーケットの歩き方 その1


タイのパホン・ヨーティン通りにある







チャトゥチャク公園の南側では、




毎週土・日曜日に世界最大の市場、










ウィークエンド・マーケットが開かれています。




















ウィークエンド・マーケットに来て、




まず最初に驚かされるのはその規模の大きさ。




広い敷地に集まる露店の総数は1万以上、




買い物客は20万人以上にもなるといわれています。




世界最大のマーケットとしてギネスブックにも登録されてます。





このマーケットをすべてを見ようとすると1日では




とても時間が足りません。







市場では衣類や生活雑貨、骨董品、




食料品、植木から動物(ペット)まで







ありとあらゆるものが売られています。







日本ではなかなか手に入らないものや、







日本では高価な物、ハンドメイド商品などは







人件費の安いタイならではの値段で購入することができます。










内部は迷路のように複雑に入り組み、







商品が山積みに重なっているため







市場全体を見渡すことがなかなかできません。







初めて一人で来たとすれば、すぐ迷子になってしまいます。










その店舗数は1万以上とも言われており、








マーケットの中は蒸し風呂状態で2時間歩けば体力の限界に達します。







一度買い物したお店にもう一度戻りたいときは




店の通路(天井あたり?)に番号があるので




番号をしっかりと覚えておいて




地図等をみながらたどりついて下さい。




似たようなお店ばかりでかなりの難関だとはおもいますが。。。








なので、気に入ったものはその場で買うのがお勧めです。








後から買いに行こうと戻った所で店は見つからずでは、








せっかくの旅行が台無しですよね。










特に買うものが無くても、見て歩くだけでも面白いと思います。




















さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14863288

この記事へのトラックバック