2008年05月18日

タイのお金のあれこれテーマ









タイの通貨単位は「バーツ」(英語表記はBAHT)です。







現在の日本円との為替レートは1バーツ=約3.4円となります。




さらにバーツより小さい通貨単位で「サタン」があります。




100サタン=1バーツなのですが、




お釣りでもらうことはあっても、




バスにでも乗らない限りなかなか使う機会が無く、




どんどん溜まっていってしまうという厄介物です。








お金の種類





タイ・バーツには、

10バーツ、20バーツ、50バーツ、

100バーツ、 500バーツ、1000バーツのそれぞれの紙幣と、




50サタン、1バーツ、5バーツ、10バーツのそれぞれの硬貨があります。







最近では10バーツ紙幣はほとんど見かけなくなりました。





みかけてもかなり汚れています。




500バーツ紙幣と1000バーツ紙幣は高い買い物でもしない限り、




町ではあまり使う機会が無く、




屋台で20バーツで食事したときに1000バーツ紙幣でも出そうものなら、







屋台のおじさんはきっと困ってしまいます。










1000バーツ紙幣は両替時に




100バーツぐらいにしておくことをお薦めします。








日本円からバーツへの両替





日本の成田空港の両替所でもバーツを買うことが出来ますが、




レートが非常に悪いのであまりお薦めは出来ません。




なのでタイ国内で両替することをお薦めします。







タイ国内では、空港で両替しても、銀行で両替しても、




あまりレートが変わらないので旅行者であれば、




空港で両替するのが良いでしょう。





空港での両替レートが異常に悪い国も多い中これは良心的ですね。




ちなみに空港内ならどこの両替所もさほどレートは変わらないようです。





クレジットカードはVISA、AMEXはだいたい使うことが出来ます。







特にパックツアーではなく、




自分でホテルを予約して旅行する場合には、




クレジットカードの番号を聞かれるところがほとんどで、




クレジットカードが無いと前金として




いくらか払わなければならない場合があります。







今やクレジットカードは海外旅行の常識ですね。









さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15030798

この記事へのトラックバック