2008年05月18日

もっと、タイのお金のあれこれ 



預金口座を作る





頻繁にタイを訪れる人や仕事などで長期滞在している人は、




銀行の預金口座の開設をお勧めします。




ATMは24時間使えるし、




時間外にお金をおろしても手数料は一切ゼロです。




また他の銀行のATMからお金をおろしても、







手数料はほとんどの場合発生しません

(一部の銀行では3バーツの手数料を取られる場合もあるそうですが)









今ある手元にある日本円やUSドルなどを全てバーツに両替して、




預金口座に預金しておくといつでも手数料を取られることなく、




お金を引き出せるので非常に便利です。



(大金を持ち歩くのも心配ですしね)










預金口座開設に必要なものは




(1)パスポート


(2)お金

(3)住所です




住所は滞在中のホテルの住所では駄目なようです。




知り合いがタイにいればその人の住所を借りるか、




仕事でタイに来ている人は




現地法人会社の住所などを利用すれば良いでしょう。





登録住所に何か確認連絡があったり




郵便が届くことは無いようです。




口座を開設するのに




口座開設料(150バーツ前後)と




口座維持料(100バーツ前後/1年)がかかります。







ATMカードは今は即日発行してくれるようです。







お薦めの銀行は、




バンコク銀行、

バンコク農民銀行、

アジア銀行など。


















さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15030863

この記事へのトラックバック