2008年05月18日

タイの珍味!?

タイの珍味








日本でよく知られているタイ料理というと・・・





世界3大スープの一つと言われてる




トムヤムクン




ココナッツミルクを使ったタイカレー




レッド、グリーンカレーですね。





最近は、ソムタム(青パパイヤのサラダ)等の




田舎料理も意外と知られています。





ソムタムはタイ東北部(イサーン)の代表的な料理で、




ガイヤーン(鶏のあぶり焼き)




ラープ(ひき肉のサラダ)などもあります。









イサーンではもち米が主食でこれらの料理ととても合います。





またこの他にも、




サイクローク(タイソーセージ)や




スゥプノーマイ(タケノコのスープ)など




郷土色豊かな美味しい料理が沢山あります。





それに加えてこの地域では




アリのたまごやバッタ、




蛙、蛇、巨大な蜘蛛、蝉などの珍味も!





バッタを油で揚げてナムプラー(魚醤)等で




味付けしたものはバンコクの屋台などでも






よく見かけます。




ビールのおつまみに最適です。





珍味と言えば・・・







北部では竹の中に生息する芋虫を揚げたものが有名です。









大きさは5〜6センチくらい




真っ白な芋虫で油で揚げると体がまっすぐになり、




見た目は細めの「かっぱえびせん」です。




驚いたことに、味のほうも、










やはり「かっぱえびせん」です。











実際にたべました!!







現地に行かれた際はぜひチャレンジしてみて下さい!










さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

posted by gartan at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理屋台編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15031027

この記事へのトラックバック