2008年10月08日

海外から日本への荷物の発送



仕入れた商品は発送する国、荷物の大きさや種類に応じて、
一番いい方法を選択して送ることになります。

個人バイヤーの場合、海外から日本への荷物を送る場合、
郵便局からEMSなどで発送となる場合が多いと思います。

EMSとはExpress Mail Serviceの略で国際航空郵便の一種です。


郵便局から送れないような大きさや量の荷物が増えてくれば、
混載やコンテナでの輸入になります。

混載とは、コンテナ一本を貸し切るには荷物が足りない場合、
一つのコンテナに2種類、2荷主以上の貨物を積み合わせることです。

また、そのような貨物を混載貨物(Consolidated Cargo)といいます。

荷物が少ない場合や小さい荷物の場合、EMSなどのほうが
結果的に安くなる場合も多いです。

コンテナ1本くらい貸し切るほどの荷物があれば毎回あれば
輸送経費も抑えられていいのですが、よほどの規模にならないと
現実的には個人バイヤーには難しいでしょう。

EMSは気軽に郵便局から送ることが出来て、
到着も速く、検索も可能ですが、
料金は少し高めで、大きい荷物に対応してない等の点もあげられます。

混載、コンテナは大きい荷物には向いていますが、
個人で利用するのは色々と難しいという点もあげられます。

私自身、何度も海外から日本へ荷物を発送していますが、
発送する国、荷物の大きさや種類により、
どこが一番安いとは言い切れないところがあり、
状況に応じて、各自、一番いい方法を選択して送ることになります。

更に詳しい事は
「ネットショップ&ヤフオク 海外仕入れの達人養成講座」
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4798116629/kawaseihinsei-22/ref=nosim
に書いてあります。

この禁断の仕入れマニュアルは実践から掴んだ生の方法です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20783244

この記事へのトラックバック