2008年10月06日

私の書籍のお得な応援キャンペーンがあります。

いやぁ お騒がせしております。

『ネットショップ&ヤフオク
     海外仕入れの達人養成講座』
http://aucseller.com/amazon.html
がアマゾンランキング34位まで上がってきました。

この本では
・タイでの仕入れ
・中国での仕入れ
・韓国での仕入れ
・LAでの仕入れ
・古物商のこと
などコッテリと書いております。

またメルマガやブログで
「ネットショップ&ヤフオク 海外仕入れの達人養成講座」
をご紹介くださった方にはさらに数万円相当の
スペシャルプレゼントをご用意しております。

詳しくはコチラをごらんください。

ネットショップ&ヤフオク 海外仕入れの達人養成講座の
販売応援しちゃうぞページ
▼      ▼
http://aucseller.com/amazon_support.html
posted by gartan at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月06日

プロローグ

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

著者の私は仕入れで訪れた 代々木のフリーマーケットで古着業者と接触。

ダメモトで仕入先を聞くと、彼はべらべらと秘密の仕入先を教えてくれた。

カンボジアから流れてきた安値の雑貨・衣料が投げ売りされているらしい。

ARANYAPRATHET

アランヤプラテート  タイとカンボジアの国境で
カンボジア内戦以前は交易の街としてにぎわってたようだ。

国境近くは「フレンドシップマーケット」「タラート・タイ」と呼ばれる
大きなマーケットになっているらしい。


その情報を掴んだのが06年の春頃。

当時の国境付近の季節は雨季。

現地の行動は 豪雨だと難しいと考え、雨期明けの10月、HISで買った 
一番安いオープンチケットを握り締め、成田へ向かった。。。。。

個人的には何度もタイを訪れているが、それがはじめての国境仕入れだった。

なぜ、そこにアメリカ・ヨーロッパ系の古着があるのかは知らない。
聞いてみたが、正式な回答は得られなかった。


しかし、やはり、
タイとカンボジアの国境は宝の山だった。


半年後の07年4月、再び海を渡った。






まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

posted by gartan at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アランヤプラテートからカンボジア国境・イミグレーションまでの行き方



『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

アランヤプラテートは国境付近の街の西はずれにあり、
国境までバスターミナルから車(三輪タクシー・トックトック)で約20分だ。


街の中心はバスターミナルと国境の中間にあり、
バスターミナルから徒歩で約15分だが、荷物も多いと思うし、
土地勘もないので車で行ったほうがよい。

バスターミナルを背にして、国境に向かい、右側にある。


バスターミナルから国境までの交通手段は三輪タクシーかバイクタクシーしかない。


英語もほとんど通じないが、
ここから外国人が向かう場所は2点しかない。


国境に向かうには
「マーケット」「タラート・タイ」「ボーダー」「イミグレーション」
と言えば通じる。


街の中心やホテルやゲストハウスに向かう場合、
ほとんど言葉が通じないので地図を見せるのが早い。


当然、タクシーはなく、サムローはかなりの値段をフッかけてくる。。。
早速交渉スタート。

ここから毎日が交渉だ! 妥当な線で手を打ち、目的地へ。


片道約80Bほど

バイクタクシーだと30〜50Bだがが荷物を考えると使えませんので

ご注意を!!!






まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html
posted by gartan at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

■無料動画あり■タイ料理をスマートに食べるマナー

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はタイでの外食のマナーについてです。

旅の醍醐味・楽しみである食事・グルメ!

いったい、タイではどんなマナーがあるのでしょうか??


何度も現地を訪れている私がタイの食事マナーついて書きます。

基本はスプーンとフォークで食べます。

お箸がある場合は使ってください。


一口で食べれない大きさのものは、食べる前に小さく切ります。


汁物などは皿やドンブリに口をつけてはいけません。

日本のラーメン屋ではドンブリごと、スープを飲んでも
不自然ではありませんが、タイではマナー違反です。

スプーンやレンゲで汁は飲みます。

注文は手を上げて店員を呼び、メニューがある場合は
メニューを見て注文します。挿画で見たほうが分かり易いかも知れません。
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai-step/211wml.html


汽車などで売り子が売る
カオニャオと呼ばれる、炊いたもち米は必ず右手で食べます。

食卓にカオニャオが出された場合は他の料理も右手で食べても構いません。

レストランでは箸などでカオニャオを食べても大丈夫です。


麺類などは卓上にある調味料で
この味付けをしてから食べます。

ナンプラー(薄口しょうゆの色)・とうがらし入りのお酢(透明)
砂糖・粉とうがらしの4つが必ずあります。

料理によってチリソースがある場合もあります。


調味料がない場合は「ナンプラー」「チム!」といえば持って来てくれます。


タイ人に言わせると「混ぜれば混ぜるほど美味しくなる!」との事です。


氷入りの水やお茶が出てくる場合もありますが
水当たりするといけないので、自分で注文しましょう。

市販のミネラルウォーター・コーラ・ビールは大抵置いてあります。



支払いは通常、食事後に払います。

日本の居酒屋の精算のように
手を上げて、「チェック!」と言ってください。


タイでも精算は「チェック!」といいますのでご安心を!!


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

posted by gartan at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月04日

★無料動画あり★飛び込みでゲストハウス泊まる

P1000900.JPG

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はゲストハウス(安宿)の泊まり方についてです。


まずは受付の人に空きがあるかを聞いてみましょう。

意外と言葉が通じなくても、大体通じます。
  ↓   ↓
http://1chainlife.com/tai-step/312cko.html

外国人がゲストハウスでなんか言っていたら
九分九厘、宿泊についてでしょ?

同じ値段でも酷い部屋もあるので必ず確認が必要です。

部屋・ベットの他、シャワーやトイレもチェックしましょう。

大抵、連泊する!といえば値引き可能です。

値引きできないようでしたら他を探すのもいいでしょう。

疲れて、さほど悪くない部屋なら
とりあえず、1泊するのも手です。

荷物を降ろして、シャワーを浴びて
それから近場を散策しながら、長期に渡り滞在する
いいゲストハウスを探す手がお薦めです。



もっと濃い映像や深い内容のテキストはこちらからどうぞ!
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai/


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!



まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html


posted by gartan at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記