2008年10月08日

安くタイ(THAILAND)から日本へ荷物を送る方法

タイ(THAILAND)から日本へ荷物を送る場合、
EMSがポピュラーです。

船便と航空便の中間くらいの値段のSAL便(SURFACE AIR LIFTED)もあります。

EMS(国際宅急便)は重さによっては
航空便より安くなる場合もあり、
最速1日から4日で日本まで届きます。

小包の場合、料金が安くなれば安くなる程、
到着までの時間が掛かります。

一番安い船便の場合、荷物の保障はありません。

タイのスワンナブーム国際空港出発階4Fには
24時間オープンで年中無休の郵便局があります。

飛行機への預け入れ荷物がオーバーしそうな方や渡航中、
郵便局に行く時間がなかった人が国際宅急便が使える
最後の砦となりますので覚えておくと便利です。

郵便局以外にもヤマト運輸のサービスもあり、
現地のヤマト運輸の営業所に持ち込みはもちろん、
シーロムやスクンビットなど日本人が多く利用する場所であれば
集荷サービスもありますので
利用する方は問い合わせてみましょう。

YAMATO UNYU (THAILAND) CO.LTD.
1617 PATTANAKARN RD.,KWANG SUANLUANG,KHET SUANLUANG,BANGKOK 10250
TEL : (66) 2 - 369 - 3400〜9  
FAX : (66) 2 - 369 - 3410〜12
E-MAIL : takkyubin@yamatothai.com 国際宅急便受付(海外から日本へ)

その他にもタイ国内には外資系のFedEx、DHL、OCS、
日本でお馴染みの日本通運、佐川急便など
沢山の国際輸送サービスがあります。

日系の飛行機を利用しているならば、
デリバリーサービスを受けられる場合があり、
郵便局の半額位で発送できます。

詳しくは事前に航空会社に確認を取って下さい。



『ネットショップ&ヤフオク
     海外仕入れの達人養成講座』

に日本への発送方法を詳しく書いたので
お読みいただければと思います。

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4798116629/kawaseihinsei-22/ref=nosim 

海外から日本への荷物の発送



仕入れた商品は発送する国、荷物の大きさや種類に応じて、
一番いい方法を選択して送ることになります。

個人バイヤーの場合、海外から日本への荷物を送る場合、
郵便局からEMSなどで発送となる場合が多いと思います。

EMSとはExpress Mail Serviceの略で国際航空郵便の一種です。


郵便局から送れないような大きさや量の荷物が増えてくれば、
混載やコンテナでの輸入になります。

混載とは、コンテナ一本を貸し切るには荷物が足りない場合、
一つのコンテナに2種類、2荷主以上の貨物を積み合わせることです。

また、そのような貨物を混載貨物(Consolidated Cargo)といいます。

荷物が少ない場合や小さい荷物の場合、EMSなどのほうが
結果的に安くなる場合も多いです。

コンテナ1本くらい貸し切るほどの荷物があれば毎回あれば
輸送経費も抑えられていいのですが、よほどの規模にならないと
現実的には個人バイヤーには難しいでしょう。

EMSは気軽に郵便局から送ることが出来て、
到着も速く、検索も可能ですが、
料金は少し高めで、大きい荷物に対応してない等の点もあげられます。

混載、コンテナは大きい荷物には向いていますが、
個人で利用するのは色々と難しいという点もあげられます。

私自身、何度も海外から日本へ荷物を発送していますが、
発送する国、荷物の大きさや種類により、
どこが一番安いとは言い切れないところがあり、
状況に応じて、各自、一番いい方法を選択して送ることになります。

更に詳しい事は
「ネットショップ&ヤフオク 海外仕入れの達人養成講座」
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4798116629/kawaseihinsei-22/ref=nosim
に書いてあります。

この禁断の仕入れマニュアルは実践から掴んだ生の方法です。

2008年05月12日

タイ、カンボジア国境の街・アランヤプラテート

タイ国境イミグレゲートを越えたところに、




タイ最大のマーケットが、ココに存在します。




但し、何故か言語はカンボジア語のほうが良く通じ、




その上ここまでは、タイ領にも関わらず、




カンボジア人がパスポートを持たずに




自由に出入りできる地域となってます。





国境独由の混沌とした雰囲気を十二分に醸し出したこの地域・・・







陸路での旅行者が通過する際に、




利用する場所でもありますが、あまり治安が良いとは言えません。





鉄道の線路は北西から南東へ伸びていて




バンコクは西で、国境は南東の方向。




この鉄道は古い地図上はプノンペンへ延びてます。







しかし、現在はバンコクからアランヤプラテートまで、




プノンペンからは国境の手前35kmのシソフォンまで。




町はこの線路の南へ広がり、




駅は町の北西部、




バスステーションは駅からさらに西へ500m行ったところにあります。




移動手段はバイクタクシー、もしくはトゥクトゥク等です。










さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^


 ▼      ▼


http://auctop.com/oversea-it.html

もっと!ウイークエンドマーケットの歩き方

地図上ではエリアごとにジャンル分けされていて、




整然と店が並べられているように見えますが、




実際に歩き回ると迷路のようで方向感覚を失ってしまいます。




「あっちの店とこっちの店と値段を比べてから買おう」という比較が難しい。




なぜなら、前回も書いたように




一度行った店に再び行くことが難しいから・・・







しかも同じ商品を扱っている店が沢山あるので







ここを把握するためには最低10回は通わないと無理かも。













まとめ買いした場合。




外国人でも根気よく値切れば安く買えるようですが、




ある程度のテクニックと根気は必要なようです。





ちなみに現地人のアドバイスでは







「朝早く出かけ、昼までには撤収した方が良い。




午後は観光客も増え凄く混むから」とのことです。








屋台が至る所に点在しているので







疲れたら

一休みしてからまわりましょう。無理は禁物。









水分補給をしっかりしないと脱水症状で









病院行きになってしまいますよxxx












さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html


ウイークエンドマーケットの歩き方 その1


タイのパホン・ヨーティン通りにある







チャトゥチャク公園の南側では、




毎週土・日曜日に世界最大の市場、










ウィークエンド・マーケットが開かれています。




















ウィークエンド・マーケットに来て、




まず最初に驚かされるのはその規模の大きさ。




広い敷地に集まる露店の総数は1万以上、




買い物客は20万人以上にもなるといわれています。




世界最大のマーケットとしてギネスブックにも登録されてます。





このマーケットをすべてを見ようとすると1日では




とても時間が足りません。







市場では衣類や生活雑貨、骨董品、




食料品、植木から動物(ペット)まで







ありとあらゆるものが売られています。







日本ではなかなか手に入らないものや、







日本では高価な物、ハンドメイド商品などは







人件費の安いタイならではの値段で購入することができます。










内部は迷路のように複雑に入り組み、







商品が山積みに重なっているため







市場全体を見渡すことがなかなかできません。







初めて一人で来たとすれば、すぐ迷子になってしまいます。










その店舗数は1万以上とも言われており、








マーケットの中は蒸し風呂状態で2時間歩けば体力の限界に達します。







一度買い物したお店にもう一度戻りたいときは




店の通路(天井あたり?)に番号があるので




番号をしっかりと覚えておいて




地図等をみながらたどりついて下さい。




似たようなお店ばかりでかなりの難関だとはおもいますが。。。








なので、気に入ったものはその場で買うのがお勧めです。








後から買いに行こうと戻った所で店は見つからずでは、








せっかくの旅行が台無しですよね。










特に買うものが無くても、見て歩くだけでも面白いと思います。




















さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

露店のジャンルもエリアによってさまざまである


バンコクの街を歩くと、あちこちで露店に出くわす。




露店の多いエリアでは、歩道を埋め尽くすほどで、




店先で値切り交渉しているお客さんを避けるために




通行人が道を譲りあうケースもしばしば発生する。


こうした露店は必ずしも観光客向けだけのものではなく、




バンコクでは人の集まるところに露店が出るのは




ごく当たり前のことになっている。




取り扱う品目は、ズバリ“その場所で売れるもの”だ。




よって観光客が集まる場所ではTシャツや細々とした土産物、




そして衣料品から時計にいたる




コピー商品(日本への持ち込みは違法)を扱う露店が多い、




地元の若者が集まるエリアにはアクセサリーを扱う露店が出店する。


衣料品市場であるプラトゥーナム市場のそばなら衣料品を扱う露店、




小さな仏像のお守りの専門店が並ぶブッダストリートなら




お守り専門の露店ばかりとなる。



露店での買い物は、基本的に店と客が交渉して値段を決める。







観光客の多いエリアの露店では、英語での交渉が可能。



プラトゥナームで、海外発送の際にお勧めは、







UPSです。







手際良く、梱包もきれいで早いと3拍子揃ったいい仕事をしてくれる。





いい加減が売りのタイ人の中で




UPSは、まさに、プロの仕事ぶり!




感心してしまいました。







褒めてあげれば、調子に乗って、仕事も順調に運ぶ。







単純な民族であるが、




それがタイ人のいいところでもあるんだよね。





さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^

 ▼      ▼


http://auctop.com/oversea-it.html








2008年05月08日

バンコクでの仕入 プラトゥーナム市場


バンコク最大級の衣料品市場のプラトゥーナム。


迷路のような路地に無数にひしめきあう店 店 店


商売人がまとめ買いするためにやってくる問屋街と


一般の人が普通に買い物できるエリアがあって市場は常に賑わっています。


市場に出入りする人たちのためのトゥクトゥクが列をなして


いったり入ったり排気ガスと騒音を撒き散らし、


商売人たちが大きな袋を台車に積み


携帯電話でやりとりする姿があちこちで見られ


市場の活気が伝わってきます。


ここで売られている服はかなり年齢層が幅広く、


一体誰が買うのだろうというようなのから、


色彩鮮やかな若者の服、タイ民族衣装から


仮装パーティーに使えそうな怪しいドレスまでバラエティ豊かです。


タイで安い服を買った場合、出所はほとんどこの市場。

卸売り市場なのです。



タイだけではなく、


日本でもプラトゥナームから買い付けされた服や小物が売られています。

服だけじゃなく、アジアンチックなピアス、アクセ、靴、バックなど

渋谷、原宿に売ってそうな安かわ物がたくさんあります。

値段の目安はだいたいこんな感じです。


 Tシャツ=60バーツ〜

 ピアス=20バーツ〜

 アジアチックなオシャレな小物=50バーツ〜

 時計=120バーツ〜


最近新しく改装された『インドラスクエア』に


もたくさんのお店が入っています。


きれいで、エアコンもきいている、とても快適になりました。


その他には若者の服が多く入っている


雑居ビル『KRUNGTHONG PLAZA 』(クルントーンプラザ)もあります。


外に出ているお店をあてもなくまわって見るより、


ここに来たほうがいいかもしれませんね。


タイの市場では、値札を貼っていない商品が多いです。


相手によって値段がちがうので、外国人に対しては地元の人より


ふっかけられます。


最初からあってないような値段なので、


交渉すれば必ず値は下がります。


値切り交渉を楽しむくらいの気持ちが重要です。


せっかく値切っても後味悪いと嫌ですよね。


細かい数字のやりとりは店に備え付けの電卓を利用しましょう。


交渉は英語ということになりますが


カタコトでもタイ語を使えばより安くなる可能性あります。



これはタイだけに限らず、


英語のみよりも現地の言葉を使えばフレンドリーに接してもらえます。


『タオライ(いくらですか?)』


『ロッ(ト) ノイ ダーイ マイ

 (まけてください)』



使ってみましょう!!














さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^


 ▼      ▼





http://auctop.com/oversea-it.html


2007年11月01日

実際にタイに仕入れに行った方の声です!

 こちらはマニュアルを購入されて、
 実際にタイに仕入れに行った方の声です。



 神奈川県 O様

-----------------------------------------------------------------

 自分ではかなり大きなバッグを持っていったつもりだったのですが
 着いた日の2,3時間で特大のダッフルバッグがすぐに仕入れ品で
 一杯になってしまいました。

 仕入れたものは●ジ●ン15個です。


 マーケットの左奥の方に専門で売っている写真の店があったので
 価格を聞いてみると450Bとのこと。

 350Bまで値切って買うことができました。

 少し薄手ではありますが、
 これをヤフオクとフリマで8000円くらいで売れないかなと思っています。


 EMSの送料を入れると1着当たりの原価が約2000円ですので
 6000円粗利が取れたらと思っています。


 次回はもっとたくさん仕入れてこようと思います。

 季節モノではありますが、
 うまくいけば永遠に枯れない金の泉を見つけたような気分でいます(笑)


 他には軍モノのフライトジャケットや中古のスニーカーやブーツも
 いっぱいありましたね。


 軍モノジャケットは価格の折り合いがつかずにあきらめました。


 次回はもっと準備をして乗り込みたいと思います。


 この旅行につきいろいろアドバイスをいただきありがとうございました。



 山口さんの次回セミナー楽しみにしております。

---------------------------------------------------------------------


 購入者さんが、続々と結果を出しています。


 おそらく旅費で4,5万円程ですから、たった1日の仕入れで
 それ以上の利益を上げることに成功しております。


 文面から伝わると思いますが、初仕入れです。


 このような報告を受けるのが、作者として一番、嬉しいです (*^.^*)


 

 こちらは元々、業者さんからの情報で、
 私自身が体当りで、単身、現地に何度も渡り、マニュアル化したものです。

 おそらく世界初のマニュアルでしょうね。



 皆さんも出遅れないように!



 ■初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!

  ▼        ▼
 http://auctop.com/oversea-it.html


2007年10月09日

中国よりタイのほうがホテルや交通費は安い

中国関係でなかなか忙しくて、
タイも半年行ってないので恋しくなってきました。

今、義烏(YIWU・イーウー)でやっている別注品などを
タイのほうでもやりたいと考えています。

モノにもよりますが物価はそれ程変わらないという感覚です。

むしろタイのほうがホテルや交通費は安かったりします。


タイの昔はしていても、昔の上海や義烏については知らないのですが、
現在ではメトロポリタンシティーになってます。


今年は11月、来年は旧正月の関係で3月に
中国・義烏(YIWU・イーウー)に行く予定です。

タイにも近日中に行きたいと思っている今日この頃です。


2007年07月06日

ウィークエンドマーケット=チャトゥチャック市場

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

ウィークエンドマーケット = チャトゥチャック市場は
毎週土日だけ開催されている大規模マーケットで
現地の人にも大人気です。

地下鉄カンペーン・ペッ駅かBTSモーチットから見えます。
バスは3.29.44.59.96.503.509.513.12.15が便利です。

車掌さんに「チャトゥチャック」と言えば、降りる所を教えてくれます。


雑貨屋さんは金曜も営業している場合もあります。
土日は込むので金曜に行くのもいいです。


アパレル・雑貨・食べ物・アンティーク・靴・ペットなど
何でもあります。

古着・軍モノはベトナム・カンボジアから流れてくるものです。
衣類もここの業者が国境で仕入れているようです。


9時から18時までやってますが、店によっては早く閉めるところもあります。

場内は狭いのでキャリーつきバッグは使えません。

先ほどの見た店に戻るのも大変なので
いいのがあればスグに買うのがお薦めです。

屋台料理以外は交渉可能です。

1個でも値引き可能ですが
やはり、まとめ買いですと大幅ディスカウント可能です。

人が多いのでスリは気をつけてくださいね。


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!

P1000852.JPG

2007年07月05日

★無料動画あり★お問い合わせの多いタイでの仕入れ結果をお見せします!

 『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はお問い合わせの多いタイでの仕入れは本当に儲かるのか?
このトコについて回答を書きます。


タイでの仕入れについて言葉で説明するのは難しいので
凄い画像があるからソレを見てくださ〜い。

セコ〜いアフィリ(マージン発生の広告ことね)じゃないので
ご安心してクリックしてくださいね!!

   ↓     ↓
http://auctiontop.up.seesaa.net/image/P1000771.JPG

マジで埋もれてます・・・ いくらでもあります・・・
コレ、1つ15000円位で売れます。

仕入れ単価が平均 710B(1B=3円 計算で約2130円)

計20足 仕入れました。


前回、いくらでも商品が仕入れられるのに手で持ち帰れない
という現実に突き当たりました。

課題だった国際発送もキッチリとやってきました。

キッチリと仕事(オークションサイトなどでの販売)をすれば、
全部の売り上げ25万円位にはなります!


4〜5万円が25万円になれば悪くないでしょ??


ついに倉庫に潜入した画像まで今回特別にお見せします!
  ↓      ↓
http://1chainlife.com/tai-step/210cxo.html


まだまだあります!

バンコク市内から電車で行ける所でもガツガツ仕入れましたよ。

市内での仕入れは誰にでも出来て簡単です。

年末にはカミさんの家族全員をバンコクまで引率して
本当に簡単にできるのかを実践してもらいます。


ワタシがカミさんの家族全員の旅費を出すとして

格安ツアー 約5万円 × 6人 = 30万円

ワタシ1人でも十分、可能な数字です。



アナタも絶対に行く事をお薦めします!

楽しく仕入れて、稼げますよ v(^o^)



この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

★無料動画あり★プロが教える海外仕入れの交渉術

 『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回は旅に不可欠な交渉術です。

英語が話せない方は日本語で交渉しちゃいましょう(*^.^*)

海外でもお構いないです!

特に「高いな〜」「マジかよぉ〜」という気持ちやフィーリングは
態度と日本語で完全に通じます。

細かい価格のかけ引きは
カリキュレーター(電卓)と言って、電卓を叩くマネをして下さい。

レジから電卓を持ってきますので、
そこからは数字を見ながらの交渉ですので簡単です。

ここまできたら 「NO!」 「OK?」 の二言で商談できます。


そんな感じも交渉で仕入れたモノを動画で見れます。
  ↓    ↓
http://1chainlife.com/tai-step/110eod.html


自分の得意な方法・言葉で仕入れも楽しみましょう!
こういうのも旅行の楽しみといえるでしょう。

楽しみながらってところがいいですねぇ〜


もっと濃い映像や深い交渉術のテキストはこちらからどうぞ!
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai/

この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

2007年07月04日

★無料動画あり★タイでの買い物実践編

P1000708.JPG

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。



今回はタイでの買い物実践編です。


タイ国内・バンコク市内の物価は日本に比べると凄く安いです。

コンビニとかは無理ですが、ほとんどの店で値引きOKです。

簡単な数字や色・大きさなどタイ語で言えるとさらにいいですね。

それでは一部、戦利品をお見せしましょう!

NGありなんで笑ってくださいね♪
  ↓   ↓
http://1chainlife.com/tai-step/316dka.html

まだまだこんなもんじゃありません。ごく一部です。

半日あればこのくらいは誰にでも仕入れ可能です。

サイズ的にも日本人に合うものが多くていい感じです。

バンコク市内でも沢山の買い物スポットがあります。

言葉なんて通じなくてもいいので
どんどん値切りに挑戦して儲かりそうな品を見つけてくださいね。

さらに深い仕入れスポットや交渉術、さらに
もっと濃い映像や深い内容のテキストはこちらからどうぞ!
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai/


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!



まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

★無料動画あり★タイでの仕入れ生放送?

P1000901.JPG

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。



今回はタイでの買い物戦利品をお見せします。


おなかがすいたので焼き鳥(ガイヤーン)をテイクアウトしちゃいました。

アオ・クラップ・バーンといえばテイクアウト用に包んでくれます。

これが安いワリには美味しいんですよぉ〜
  ↓   ↓
http://1chainlife.com/tai-step/317vsd.html

日本への荷物の郵送も郵便局から手軽に出来ます。

EMSなら3.4日で日本に着きます。

その他、船便やSAL便でも送れますので
買いすぎても安心です。

仕入れに関しては言葉なんて通じなくてもいいので
どんどん値切りに挑戦して儲かりそうな品を見つけてくださいね。

買い物に夢中でおなかが減っても沢山の屋台や飲食店があるので
食うには困りません。

さらに深い仕入れスポットや交渉術、さらに郵送方法など
もっと濃い映像や深い内容のテキストはこちらからどうぞ!
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai/


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!



まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html