2008年06月18日

個人輸入の通関税と航空券について

オークションで輸入品を扱う質問が来ました。

こちらを参考にしていただける幸いです。

Q

おはようございます。
前回一度貴方にメールを差し上げたAです。
お元気でしょうか?
毎回届くメルマがはほかのメルマガより何倍も内容が濃密で非常に良いですよ♪

現在私は、山口さんが提供している
中国の仕入れ
http://auctop.com/yiwuchina.html
とタイの仕入れ
http://auctop.com/oversea-it.html

どちらを購入しようか迷っている最中です。

迷っている原因を取り除くためにアドバイスをお願いします。

仕入れをするために必ず現地まで飛行機で行くのでしょうか?
ツアーかなんかですか?

現地から航空便を利用して日本へ発送したいのですが・・
送料以外に別の料金は? 保険は何元くらい? 関税は?
関税について・・
20商品ひとつひとつジャンルの違う商品を1箱に梱包してもらうとします。

この場合、20商品のひとつひとつ関税率がかかるという事になるのでしょうか?

箱の中身はインボイスに記載すると思いますが・・

A
お世話になります。山口裕一郎です。

ご連絡頂き、感謝しております。

私は東京在住のなので飛行機で行きます。

場合よってはツアーパックのほうが
航空券より安いので使います。


通関税は商品によって変わりますが
同一商品30個までなら掛からないと言われてます。

掛からないと言われているだけなので
かかる場合もあり、商品によっては(化粧品など)24個までしか
個人では輸入できない場合があります。

この場合、焼却処分や返送になりますので、
その費用は個人負担になります。

インヴォイスがあっても同じです。

詳しくは関税HPや税関に問い合わせるといいでしょう。

今後ともよろしくお願いします。

では、失礼いたします。

http://auctop.com/yyj.html
posted by gartan at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

2008年05月18日

タイの役立つガイドブック紹介しちゃいます♪ その2

地球の歩き方 タイ





説明は不要というか










海外旅行におけるガイドブックのバイブルです。











いろいろなガイドブックを読みましたが




地球の歩き方が一番読みやすく、情報が多いと思いました




これもよく知られていることですが




ガイドブックの最後に掲載されている「タイ語」







これが良くできていて







買物、食事、移動くらいなら、










このタイ語で問題無いくらいです。










とにかくオススメの一冊です。














地球の歩き方 バンコク





こちらは地球の歩き方のバンコク用です。








バンコクのみ滞在でしたらこっちの方が情報量が多いし







ページ数も少なく軽く持ち運びにも便利です。













さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html




posted by gartan at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

タイの役立つガイドブック紹介しちゃいます♪ 


タイ関連の本の紹介





海外旅行に行く際には、ガイドブック等が不可欠でしょう。





ガイドブックを本屋であれこれ選ぶのも




旅の準備の中でワクワクできる




旅行の中の一つの醍醐味と言っても間違いは無いと思います。









ここでは




私が購入したガイドブック等の中で




タイ滞在中に役に立った本を紹介します。





-------------------------------------------------------------





旅の指さし会話帳〈1〉タイ




言わずと知れた指差し会話帳です。







言いたいことを指で差せば相手に




伝わるという単純明快なタイ語の本です。








この本は最近に人気で




書店に行っても、特に「タイ語」のものは




売り切れの店も多いです。








本の終わりについている




日本語−タイ語の辞書も語数が結構多くて役に立ちます。















ひとり歩きのタイ語自遊自在...





こちらもタイ語の本です。







このシリーズの旅行語学本も人気があります。








この本の使いやすいところは




コンパクトでジーンズの後ろポケットに入るサイズで




持ち運びに便利なことです。










内容も紹介語数がかなり多くて、すごく役に立ちます。










さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

posted by gartan at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

もっと、もっとタイのお金のあれこれ 






日本では馴染みの薄いチップの習慣ですが、




タイも例外ではありません。







日本ではレストラン等ではお金を払うとき




伝票をレジに持っていって、そこでお金を払うのが一般的ですが、




海外ではレストランの席で精算をして、




その場で支払いおつりのうちのいくらかを




チップとして置くというのが一般的なので、




日本ではチップを払うという習慣が定着しないのかもしれません。










チップの相場は、レストランで料金の10%ぐらい。







タクシーは基本的にチップを払わなくても大丈夫です。








屋台や街に無数にある小さな食堂では必要ありません。










もともとタイにはチップの習慣はなく、




欧米人がタイに持ち込んだ文化だと言われてます。




なので特にチップの相場が決まっているわけでもなくて、




レストラン等でチップを払わなかったからといって、




嫌な顔をされたことはないです。










受けたサービスに対してのお返しをするという心持ちで、




チップを払ってみてはどうでしょう。







もしサービスが十分でなかったり




不満を感じたのであれば、払う必要はありません。








さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by gartan at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

もっと、タイのお金のあれこれ 



預金口座を作る





頻繁にタイを訪れる人や仕事などで長期滞在している人は、




銀行の預金口座の開設をお勧めします。




ATMは24時間使えるし、




時間外にお金をおろしても手数料は一切ゼロです。




また他の銀行のATMからお金をおろしても、







手数料はほとんどの場合発生しません

(一部の銀行では3バーツの手数料を取られる場合もあるそうですが)









今ある手元にある日本円やUSドルなどを全てバーツに両替して、




預金口座に預金しておくといつでも手数料を取られることなく、




お金を引き出せるので非常に便利です。



(大金を持ち歩くのも心配ですしね)










預金口座開設に必要なものは




(1)パスポート


(2)お金

(3)住所です




住所は滞在中のホテルの住所では駄目なようです。




知り合いがタイにいればその人の住所を借りるか、




仕事でタイに来ている人は




現地法人会社の住所などを利用すれば良いでしょう。





登録住所に何か確認連絡があったり




郵便が届くことは無いようです。




口座を開設するのに




口座開設料(150バーツ前後)と




口座維持料(100バーツ前後/1年)がかかります。







ATMカードは今は即日発行してくれるようです。







お薦めの銀行は、




バンコク銀行、

バンコク農民銀行、

アジア銀行など。


















さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

タイのお金のあれこれテーマ









タイの通貨単位は「バーツ」(英語表記はBAHT)です。







現在の日本円との為替レートは1バーツ=約3.4円となります。




さらにバーツより小さい通貨単位で「サタン」があります。




100サタン=1バーツなのですが、




お釣りでもらうことはあっても、




バスにでも乗らない限りなかなか使う機会が無く、




どんどん溜まっていってしまうという厄介物です。








お金の種類





タイ・バーツには、

10バーツ、20バーツ、50バーツ、

100バーツ、 500バーツ、1000バーツのそれぞれの紙幣と、




50サタン、1バーツ、5バーツ、10バーツのそれぞれの硬貨があります。







最近では10バーツ紙幣はほとんど見かけなくなりました。





みかけてもかなり汚れています。




500バーツ紙幣と1000バーツ紙幣は高い買い物でもしない限り、




町ではあまり使う機会が無く、




屋台で20バーツで食事したときに1000バーツ紙幣でも出そうものなら、







屋台のおじさんはきっと困ってしまいます。










1000バーツ紙幣は両替時に




100バーツぐらいにしておくことをお薦めします。








日本円からバーツへの両替





日本の成田空港の両替所でもバーツを買うことが出来ますが、




レートが非常に悪いのであまりお薦めは出来ません。




なのでタイ国内で両替することをお薦めします。







タイ国内では、空港で両替しても、銀行で両替しても、




あまりレートが変わらないので旅行者であれば、




空港で両替するのが良いでしょう。





空港での両替レートが異常に悪い国も多い中これは良心的ですね。




ちなみに空港内ならどこの両替所もさほどレートは変わらないようです。





クレジットカードはVISA、AMEXはだいたい使うことが出来ます。







特にパックツアーではなく、




自分でホテルを予約して旅行する場合には、




クレジットカードの番号を聞かれるところがほとんどで、




クレジットカードが無いと前金として




いくらか払わなければならない場合があります。







今やクレジットカードは海外旅行の常識ですね。









さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

2008年05月12日

タイの食事情 

バンコクでは当然水道水を飲むのはやめたほうがいいです。






ミネラルウォーターは、






セブンイレブンなどのコンビニや屋台でも販売しているので、






気軽に買えます。値段は1リットル5バーツからあります。





でも、生水は必ずどこかで知らないうちに口にしているものです。






例えば氷に使っている水は、まず水道水です。






また、サラダに使う野菜を洗うのも水道水です。






なので、必ずどこかで口にしているはずなんです。





結局知らずに口にしていれば、案外お腹を壊したりはしないのです。






病は気からというように、






ちょっとぐらい生水飲んでも大丈夫だよ。






てな感じの心構えでいれば、きっと大丈夫でしょう。













米事情




タイの主食はご飯です。






その昔日本では悪名が高かったタイ米です。






タイは基本的に米の輸入が禁止なので、






タイにあるお米はすべてタイ国産品です。






ただし、日本料理店で扱っている米は日本のご飯のような味がします。






これは日本の品種をタイで栽培しているために






日本のお米のような味のご飯を味わうことができるのです。





日本ではまずいと不評だったタイ米ですが、






食べてみるとけっこう美味しいです。






多少水分がなくパサパサとしていますが、






それがタイの料理に見事に合っています。






日本では「においが臭い」というのが世間一般の意見でしたね。













さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^


 ▼      ▼





http://auctop.com/oversea-it.html







posted by gartan at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

2008年05月08日

夜店にも行ってみよう♪

タイには至るところに露店があり、


いろいろなものを安く買うことが出来ます。


有名なところれあれば、


パッポン通りやスクンビット通り沿いなどが有名です。


バッグ


いわゆる「バッタ物」と言われる、


ルイ・○トンやシャ○ルなどのバッグ、


財布などが売っています。


バッタ物と分かっていて購入するのは法律違反です。


一応相場を言っておくと、


財布で1つ300バーツ程度、バッグで1つ500バーツ程度。


最近ではこの手のバッタ物商品の警察による取り締まりが厳しく


値段も上がってきているようですが、粘って値切ってみては?


交渉決裂で帰るフリをするとだいたい引き止めて値段を下げてくれます。


時計


バッグと同様、こちらもロ○ックス、タグ○イヤーなどの


各種メーカーの時計が揃ってます。


本物そっくりのものから、いかにもマガイ物というものまでいろいろです。

自動巻きの時計と、電池で動くタイプの2種類が存在しますが、


やはり自動巻きの時計の方が値段が高く設定されています。


自動巻きのタイプで500バーツ、電池のタイプで300バーツまで


値切れれば上出来だと思います。


ちなみに最初の言い値は


欧米人だと1500バーツ、日本人だと2500バーツなんですって。


やっぱり日本人はお金持ちだと思われてるみたいです。


サングラス、メガネ


ノーブランドから、レイ○ン、オー○レー、シャ○ルなどの


一流ブランドのサングラスまで、豊富あります。


作りは驚くほどしっかりしています。本物とそっくり。


1つ150バーツ程度になるまで粘ってみるといいですよ


靴、サンダルなど履物を扱っている露店も多数あります。

ノーブランドから、アディダス、ナイキなどのブランド名が

明記されているものまで、多数の品揃えがあります。


もちろん偽者ですけどね。


値段は履物の種類によって幅がありますが、


サンダルであれば50バーツぐらいから。


CDやビデオソフトなどを扱う露店


音楽CDの種類は洋楽系の品揃えが多いです。


またVCDやDVDなどのビデオソフトは、



現在公開中の映画が何故か販売されています。



私はバットマンが日本で公開されたばかりの頃、


そのVCDを買った事があります。


一枚100バーツ程度です。たくさん買うと値切りやすいです。


Tシャツやポロシャツなどのシャツを扱う露店


ブランドTシャツは100パーセント偽者です。


一枚100バーツ前後です。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

posted by gartan at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

2007年07月06日

なぜタイを選んだのか?

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

なぜタイなのか??

業者からの仕入れ情報が入ったのですが
実際、悩んでいました。

行くべきかなぁ〜と・・・

大手旅行会社で旅費がどの位かかるのか
問い合わせてみました。

全て、その時期の一番安いツアー代金です。


▼往復直行便で行く!大満喫バンコク4日間
40,000円

これは安いですね ^^


▼シェラトン・モアナサーフライダーに滞在 ハワイ5日間
89,800円〜94,800円

▼らくらく往復直行便で行く!ロンドン6日間
98,800円〜208,000円

▼ガルーダ・インドネシア航空で行く!バリ島6日間
56,800円〜109,000円

▼約3時間で行ける人気都市 49,800円〜122,000円
フリープラン 上海3日間

▼全日空で行く江南周遊決定版 49,800円〜119,800円
上海・紹興・烏鎮・蘇州・杭州 5日間

▼5つの世界遺産を巡る観光付 54,800円〜76,800円
はじめての北京4日間

▼世界遺産の宝庫 四川省を観光 149,800円〜248,800円
九寨溝・黄龍・楽山・パンダの故郷臥龍 6日間

▼出発60日前までの予約なら5,000円引き!
ロサンゼルス5日間
56,800円〜168,000円


やはりタイがかなり安かったので
行く事を決めたのです!!!






まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

11.jpg

posted by gartan at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

ネットでタイの情報収集しよう!

P1000662.JPG

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

意外と日本国内でも情報収集出来ますので
タイに関するサイトを紹介します。

▼タイ国政府環境庁
http://www.thailandtravel.or.jp/

タイ国政府環境庁の日本支局のサイトです。
タイについての情報満載でイベント情報など充実した内容です。


▼バンコク週報
http://www.bangkokshuho.com/index.aspx

政治、経済、社会、芸能ニュース。
旅行会社、ホテル、レストラン等の案内。


▼タイの情報満載 ! ワイワイタイランド
http://www.waiwaithailand.com/

月刊誌「バンコクタイムズ」を発行。
日本国内のタイ料理レストラン、マッサージ店等の情報も。


▼海外旅行の地球の歩き方ホームページ タイ
http://www.arukikata.co.jp/country/thailand.html

ガイドブック「地球の歩き方」発行後の情報が更新される。
おそらく、現時点では一番信頼できる旅情報です。


▼安全ホームページ タイ
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007#header

日本外務省海外安全ホームページ


▼バンコク バスマップ
http://www.bangkok-busmap.com/index_m.htm

バンコクのバスおよびスカイトレインの利用方法、詳細な路線図を掲載。
旅行者必見、現地在住の方もこれでバスが乗りこなせるようになります。


▼Ban-Bang-Bangkok!
http://www.go2bkk.com/

タイ王国“天使の都”バンコクの情報を現地駐在員が発信してます。


▼ホテルタイランド
http://www.japanese.hotelthailand.com/transfer/pickup.html

ホテル予約から送迎サービスまで網羅


▼タイポッパーズパラダイス
http://thaipoppers.com/

タイの音楽事情から最新スケジュールまでチェックできる




他にも探せば沢山、出てきますので
色々とネット検索をしてくださいね!


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html
posted by gartan at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

タイのレンタカー事情

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はタイでのレンタカー事情を紹介します。


仕入れで訪れる方にはレンタカーが重宝します。

日本と同じ左側通行なので安心です。


大手レンタカー会社はエイビス・バジェットがあります。
日本からの問い合わせは

エイビス  0120-311911
バジェット 0120-150801

高級ホテルであれば、フロントで相談できます。


リゾート地ではレンタカーは一日1000Bくらい
レンタクバイクは150B〜300Bくらいです。

パスポートと場合によってはデポジット(前金)を預ける事になります。

ガス代は実費です。

あとあとのトラブルを考えて、車の傷は事前にチェックしましょう。


基本的にタイ人の運転はテキトーで、しかも荒いので
対向車にはよく注意して下さい。



現地に行けば【FOR RENT】の看板が出ていますので
値段交渉をしてくださいね!

長く借りれば値引きも可能ですよ。



この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html
posted by gartan at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

日本からタイへの安い国際電話のかけ方

7.jpg

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はタイへの安い国際電話のかけ方を紹介します。



だいぶ国際電話の料金も安くなってきました。

しかし、どれを使っていいのか悩むのが本音です。

日本からタイへの安い国際電話の掛け方としては
リチャージ式国際電話カードを使えば激安で。

タイはもちろん、他の国へも国際電話出来ます。

固定電話から固定電話へ、タイまで1分17.1円
(これでもかなり安くなりましたよね)ですが
国際電話の通話料金が95%安くなります。

http://vivaplus.jp/index.php?rf=na0024


現地に電話をかける用事がある方は是非、お試しあれ!



この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!



まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html
posted by gartan at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

2007年07月05日

■無料動画あり■暑いなぁ〜と思っていたら突然コレです。

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はスコールの映像をお見せします。
バケツをひっくり返したような雨ですね。

アランヤプラテートからバンコクへ向かうバス停です。

暑いなぁ〜と思っていたら突然コレです。

お出かけの際はタオルの1本くらいは常に持参しましょう。
汗もふけますし色々と便利です。

http://1chainlife.com/tai-step/302fso.html

美味しいからと言って注文し過ぎには気をつけてくださいね ^^


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!
P1000093.JPG
posted by gartan at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ

■無料動画あり■チップについて タイ編

今回はチップについてです。

タイでは日本同様、チップの習慣がありません。

しかし、高級ホテルなどでベルボーイなどに
荷物を運んでもらった場合など、気分のいいサービスを受けた場合
気持ち程度のチップをあげるといいでしょう。

http://1chainlife.com/tai-step/305cui.html

結構、人なつこく喋りかけてきますね。
悪い気分はしません。

10Bくらいあげてもいいでしょう。
あくまでも気持ちですので、特に決まりはありません。


もっと濃い映像や深い内容のテキストはこちらからどうぞ!
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai/


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!



まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

posted by gartan at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのあれこれ