2008年05月18日

タイのチャナタウンで食べられるチープグルメ


その土地の美味しいものは、
やはり地元の人が一番よく知っていますよね。

ヤワラーの19番路地の入り口には、
マンゴン・カーオという、黄色い中華麺のラーメン屋さんがあります。

バミー・キアオ・ナーム(ワンタンラーメン)は
麺の縮れ具合が並じゃないので、スープが絡んで
とてもおいしいのだそう。

その近くには、「ブアローイナムキン・チャイナタウン」という
ごま団子汁の甘味屋さんがあります。

やわらかい皮の中には黒ゴマのあんがとろり!

しょうが風味の汁には甘みが無く、
テーブルの上の赤砂糖を、お好みで入れます。

1杯30バーツ。

もう一品、ボーキアという、
さまざまな具に、シロップと荒く砕いた氷をかけたものがあります。

10種類以上入っているんですよ。

銀杏、漢方ゼリー(味がない。笑)、
タイの氷菓子には欠かせない
濃厚な甘みと軽い酸味のカヌン(ジャックフルーツ)、
サクサクとした歯ごたえのクワイ、
ルークチャという植物から作る、
ルークチットと呼ばれる透明で固いグミゼリーのようなもの、
もち、大麦、寒天、小豆、サツマイモ、
などが入っています!

もちろん、それぞれの具を単品で食べるのも
組み合わせて食べるもOK。

これでたった20バーツ、安いです!!



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

タイで食べる中華料理 肉まん編


チャイナタウンにはやっぱり肉まん。

散策のしがいがありますね。

ドッガン・ヤワラートというデパートの前にあります。

いろいろな種類があり、豚まんは12バーツ。

甘さひかえめのあんまんは、
茹でて潰した小豆を、そのまま詰められるだけ
詰めたかのような密度と濃度は和菓子の“金つば”並み。
1個10バーツ。

おいしそうだな、と思ったのがクリームまん。

卵がふんだんに入っているのやさしい味で1個10バーツ。

干しブドウ入りのものもあって、
黒砂糖が入っていて、他のものより黒くて甘い。

(干しブドウが入ってないのもあるそう。)

中身が入っていないので、外側は弾力があり、
中はふんわりとしている皮です。1個5バーツとお安いです。

1つ3バーツのシュウマイもあるんです。

中身は、エビと豚のミックスで皮が厚めで、
皮にはサツマイモを練りこんでいて、自然な甘みが特徴です



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

バンコク・チャイナタウンのレストラン

普段タイ人が食べてる美味しいものなら
やっぱりチャイナタウン!

タイ人の間でチャイナタウンは、
中心を貫く「ヤワラー通り」の名前をそのまま取って、
ヤワラーと呼ばれています。

クワイチャップという巻き麺をご存知でしょうか?

中国発祥の麺料理で、スープの中に
くるくると巻かれた麺が入っています。

よくあるクワイチャップはベタッとしているものが多いらしいのですが
チャイナタウンの一番人気店「ナーイレックウワン」のものは
コシがあっておいしいと人気です。

クワイチャップは、豚の血を入れた
黒っぽいスープのところが多いのですが、
ここは、あっさり豚骨スープです。

料金は、並が30バーツ、大盛りが40バーツです。

そしてこのお店の目と鼻の先にある「へーグングング」。

こちらはホイジョーというエビ(カニ)の湯葉包み揚げのお店。
湯葉というのがまたおいしそうですね。

ホイジョーカニ、エビともに50バーツです。

ヤワラー通りの、23番路地が、屋台密集地です。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

2008年05月04日

バンコク・チャイナタウンのレストラン

普段タイ人が食べてる美味しいものなら
やっぱりチャイナタウン!

タイ人の間でチャイナタウンは、
中心を貫く「ヤワラー通り」の名前をそのまま取って、
ヤワラーと呼ばれています。

クワイチャップという巻き麺をご存知でしょうか?

中国発祥の麺料理で、スープの中に
くるくると巻かれた麺が入っています。

よくあるクワイチャップはベタッとしているものが多いらしいのですが
チャイナタウンの一番人気店「ナーイレックウワン」のものは
コシがあっておいしいと人気です。

クワイチャップは、豚の血を入れた
黒っぽいスープのところが多いのですが、
ここは、あっさり豚骨スープです。

料金は、並が30バーツ、大盛りが40バーツです。

そしてこのお店の目と鼻の先にある「へーグングング」。

こちらはホイジョーというエビ(カニ)の湯葉包み揚げのお店。
湯葉というのがまたおいしそうですね。

ホイジョーカニ、エビともに50バーツです。

ヤワラー通りの、23番路地が、屋台密集地です。

2007年07月06日

フカヒレをチャイナタウンで食べよう!

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

バンコク鉄道駅・地下鉄MRT フアランポーンから
徒歩15分のところにチャイナタウン(ヤオワラート)があります。

バスは1.4.53.73.159.170.172.204.507.508で5分です。

漢字の派手な看板が沢山見えますので
景色で誰でもスグに分かります。

念のため、車掌さんに
「チャイナタウン」「チャイナタウンホテル」と言えば
降りる所で教えてくれます。

タクシーでも35Bくらいです。

フカヒレスープの専門店・屋台が立ち並ぶエリアがあります。
シーフード系の屋台やツバメの巣の屋台も沢山あります。

150B〜から食べれます。

1000円分も払えば、食べきれないほど出てくるのは間違いないです!

絶対に行く事をお薦めします!


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

P1000919.JPG

■無料動画あり■タイスキの食べ方



『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

日本人にも大人気!本場のタイスキに挑戦しましょう!

屋台料理よりは多少値が張りますが
絶対にお薦めです!

500Bも出せば、満腹です。


この料理はすき焼きではなく、しゃぶしゃぶですね。
鍋料理にも近い味です。

MKやHOT・POT
日本にもあるCOCA・CANTONなどがあります。

どこも写真付メニューがあります。
MKはの日本語メニューもあります。

サヤームスクエアのタイスキ店 MKの店内の様子が見れます。
http://1chainlife.com/tai-step/303sla.html

食べ方はだし汁に具をどんどん入れて
好みのたれにつけて食べます。

メニューがありますので、指差しで注文できます。
初めてのときはセットメニューがお薦めです。

分からなかった店員さんに聞けば、ゼスチャーで教えてくれます。

追加も単品で出来ますし、だし汁は言えば何度でも
継ぎ足してくれます。

美味しいからと言って注文し過ぎには気をつけてくださいね ^^


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

確実に美味しいレストランを見つける方法

P1000793.JPG

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回は美味しいレストランの見分け方についてです。


混んでいる店に入るのが絶対にいいです。

基本ですね。ハズレがないので実践している人も多いでしょう。


現地人が多く、活気のある店は間違いですね。

レストランでも屋台でも混み具合でバロメーターになります。

食べる・食べないは別として、人気店をチェックして、次回の予定を立てましょう。


強引な客引きのいる店はぼられる可能性が高いです。

これも真実です!!

中には「安い」「美味しい」など日本語で客引きする店もあります。
そういう店はパスして構いません。

いい店はそんなことをしなくても繁盛するし
強引な客引きでいい店に当ったためしがありません。

ハズレも経験としていいかもしれませんが
短い滞在期間ですから、なるべく避けたいのが本音ですね。


食事・レストラン選びに不安がなければ、さらに楽しい海外旅行となるでしょう。


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!





まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html