2008年05月18日

シルクでドレス

日本にも素敵なものはあるけれど
シルクとなると値段が・・・・。

タイなら質感・光沢うっとりのシルクで、
好きなデザインをしかも




手軽な値段でオーダーできるんです!
タイに行くなら要チェックですよね。

ただ、その場合テーラーは日本人ではないので、
その生地でそのデザインが作れるのか相談したり
イメージを確実に伝える写真や服を用意したいところです。


デザインは雑誌からとってもよいですね。


仮縫いでは裏地はついていないので
サイズにその分のゆとりをとりたいところ。

おどろくほど安い値段で上質の素材が選べる
これが、なんといっても最大の魅力だと思います。


物にもよりますが、2000バーツくらいではないかと思います。

ワンピースに仕立てても
シンプルなのに素材が光る。


それがシルクですよね。


パーティなどでも上品に目立つと思います。




さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html



タイのシルク絨毯や手工芸品

なんといってもタイの魅力は
日本にはないデザインの織物ですよね。


やはり魅力なのがそのお値段。
女性に人気のパシュミナも良質、


キラキラ系の刺繍入りクッションカバーや
ベッドカバーなどはやはり現地ならではの美しさ。


お値段が安いので、お土産にもよし、ご自身用に買うのもよし♪

また、絨毯・ラグ、クッションカバー
などインド製品がいっぱいで、


繊細な柄と手作業により生み出された
豪華なシルクの絨毯やラグ類を


じっくりと吟味しながら選ぶことが出来ますよ。

カシミールといえば美しい布帛ものが有名ですが
商 品は全て値札付きなのもうれしいですね。


インド特有のキラキラ系金糸や
銀糸の刺繍のクッションカバー(750B〜)
などもありますよ。

特にシルクの絨毯やラグ類は
ナチュラルカラーなのが人気。


無地で3500バーツぐらいからあり
極上品として何十万円のものまで
幅広く取り揃えています。





さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html


プーケットのショッピング

☆プーケットのショッピングテーマ:タイでショッピング
2006年12月、
パトンビーチ・ソイバングラ交差点のそばに
複合ショッピングセンター、


ジャングセイロンがオープンしたのを
ご存知でしょうか?

日本食レストランや、生鮮食品、フルーツも
質がよく、パンがとても好評なんですよ。


お寿司・お刺身も二桁台で販売されているんです。

ディスプレイもタイチックなのが魅力で
フットマッサージコーナーも数箇所あり
お値段が手ごろなので、人気があるんです!

グランドフロアにはフェイシャル専門店
ハナコトーキョーやマニキュア専門店があり、


女性にとってはお土産も、エステも楽しめる場所です!

フードコーナーではタイ北部、イサーン、
南部などの料理が集まっていて、


北部のココナッツカレーで食べる
ヌードル・カオソイなどがあるのは、


パトンビーチでは珍しいそうです。


各店オリジナル料理もあるので
幅広く楽しめますね。





さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

2008年05月12日

まだまだあります。バンコクのお勧め!!ショッピングエリア 

その3テーマ:タイでショッピング

EMPORIUM


高級ショッピングモールです。




観光者及びタイ在住外人向けと言っても良いほど、




日本人を含めた外人ばかりで、




タイ人はちょっと敷居が高いそうです。





CHANELなどの高級ブランド店が多数入っていますよ。








場所はスクンビット通り沿いのsoi 22とsoi 24の間にあります。






富士スーパー


日本の富士スーパーのバンコク支店。




富士スーパーがあるスクンビット界隈には、




日本人が住んでいるコンドミニアムが多数存在するため、




その客層は9割が日本人駐在員家族といっても良いほどで、




日本人村?となっています。




日本人駐在員及びその家族は普段ここに買い物に来ては、




日本の食材を手に入れて日本食を作る生活を送っています。


それでも




お安くお土産を買うことが出来ます。




私がお土産によく買っていくのは、




タイ・カレーのレトルト食品です。




日本のボンカレーのようなもののタイ・カレー版です。


味もよく日本に帰ってからでも




タイの雰囲気を味わえます。




あとお土産に買っていくのは、




タイスキ「MK」の付けダレです。




これを買っていけば日本に帰っても




タイスキが家で堪能できますよ


場所は2つあり、




一つはスクンビット通りsoi 33/1、




もう一つはスクンビットsoi 39の奥です。




ただしsoi 39の富士スーパーは結構奥の方にあって




見つけづらいかも知れないので、




観光で行かれている方はsoi 33/1に行った方が良いと思います。


お近くに行った際には是非どうぞ。








さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^

 ▼      ▼


http://auctop.com/oversea-it.html





まだあります。バンコクのお勧め!!ショッピングエリア 

ナライパン





シルク製品やオーダーのスーツ、



シルバーのアクセサリーなどが豊富に置かれているのが、




「ナイラパン」




場所はWorld Trade Centerの道を挟んで向かいにあります。




入り口の左右にたっているシンボルの像が目印です。







ここに置いてあるものは、安い物が多いです。




お土産用にシルク製品(ネクタイ、スカーフ等)を買ったのですが、




品質もよく、大量に買うとまけてくれます。










オーダースーツ屋さんで、カシミアのスーツをオーダーした所、




1着6000バーツでした。




かなりお買い得でしたよ^^










プラトゥナーム市場





ここはセントラルワールドを北に5分程歩いて、




川を渡ってすぐにある交差点を渡ったところにあります。




屋台が通り沿いにびっしりと出ているので、




多分見ればわかるはずです。





ここにあるのは主に洋服類です。




とにかく値段が安く、世界の卸問屋が買い付けに集まるほどです。




シャツ、パンツなど一見の価値ありです。





Yシャツをホテルのクリーニングに出すより、




ここに来てYシャツを1枚買ったほうが安く上がりです。













ハンティップ・プラザ





ここはいわゆる「ITモール」です。




電化製品、




特にパソコン関連商品を扱う店が集まっている




大型ショッピングセンターです。







場所はプラトゥナームからほど近くの通り挟んでを南西方面にあります。










パソコン本体は日本の秋葉原で買った方が安いです。




ここには違法コピーソフト屋がたくさん存在し、




Windows上で動作するソフトが多数あり、




その他に映画のVCDやDVDもあります。




タイでは今ロードショーしている映画が VCDやDVDとして買えます。




ただし字幕はやっぱりタイ語ですけどね^^;













さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^


 ▼      ▼





http://auctop.com/oversea-it.html








バンコクお勧め!!ショッピングエリア

チャトチャック市場





土日だけ開いているかの有名なWEEKENDマーケットです。




とにかくその店舗数はすごく多くて、




全部を見て周ろうと思ったら2、3日は必要です。




売っているものは、




洋服、アクセサリー、靴、かばん、日用雑貨、食べ物などなど。




とにかくありとあらゆる店があり、一日中いても飽きません。





値段は、すごく安く、道端にある夜店を出している人が、




物を仕入れるために利用しているほどです。




だからパッポン通りあたりの夜店で買えるようなものは、




ここで買った方が安いし、品揃えも豊富です。






但し、ファッションビルにあるような最新ファッションは








期待しないほうがいいですよ。。。















セントラルワールド





日系デパート「伊勢丹」の並びにある大型ショッピングセンター




中にはDFSなどもあり観光客が多く集まる場所となってます。




中にある店ではタイ語が使えなくても、




店員のほとんどは英語を話すことができるので、




観光者にとっては非常に都合が良いと思います。





セントラルワールド内の「ZEN」はブランド物等をたくさん扱ってます。









その他映画館も中に入っていて、




1回100バーツで見ることができます。




上映されている映画は日本とほとんど変わりません。




変わっていることと言えば、字幕がタイ語です。





アクション系の言葉をあまり必要としない作品なら見て楽しめますよ。





セントラルワールドや伊勢丹などで買ったものには、







VAT(日本の消費税もようなもの)が7%加算されており、




観光者はこのVATの返還を受ける権利を持っています。




買った店で証明書を書いてもらいそれを




空港のVATカウンターに持って行き、




買った商品を見せてからVATの返還を受けることが出来ます。















注意としてはその証明書発行の際にパスポート番号が必要なこと。




パスポートを持ち歩いるかない場合には




パスポート番号は必ず控えておきましょう。




パスポート番号を忘れてしまうと、このVAT返還を受けられないです。







せっかく戻ってくる物なのに忘れちゃうともったいないですよね。














さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^


 ▼      ▼





http://auctop.com/oversea-it.html