2008年05月18日

タイの美容(医療)2

健康診断や人間ドック、人口透析、歯科、
美容医療など各種医療サービスが
受けられることでも有名なのが、

慮者とも日本人スタッフ常駐の
プーケットの2大私立病院、


プーケットインターナショナルホスピタルと、


バンコクプーケットホスピタルです。

最新機器と技術を備えた美容医療、
歯科などが急激に増えています。


歯科の場合、セラミックの義歯が
日本に比べ格安で入れられること、


歯のホワイトニング、


最先端技術であるインプラントへの関心も強いのです。

そして日本の約半額の料金で
受けられる視力矯正(レーシック)、


ボトックス注射などに代表される


肌の若返りなどの美容医療も人気を呼んでいます。





さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの美容(医療)

タイの美容(医療)

プーケットの主な公立・私立病院を紹介しましょう。

・ワチラ病院   プーケットタウン


・ミッション病院 プーケットタウン


・パトン病院   パトンビーチ


・タラン病院   タラン


・プーケットインターナショナル病院  プーケットタウン


・バンコクプーケット病院  プーケットタウン

さて、メディカル・ツーリズムというものをご存知ですか?


外国人旅行者に人間ドック、美容整形、
視力矯正手術などの医療サービスを提供する


観光と医療サービスをセットにしたものなんです。
タイは国を挙げてこれを支援しているんですね。

タイ国内でも最高級とされる


「バムルンラード国際病院(554床)」に来る日本人は4万人強。
日本人は外国患者数では第5位だそうです。


やはり人気は健康診断パッケージや視力矯正(レーシック)

日本に比べ格段に料金が安いですし、
先進医療を受けられる、


病院がホテル級の快適な設備を備えている、という点です。

そして医療を受けると同時に
美しい海と豊かな自然のなかで
リハビリなどを行う人にも最適なのです。


スパや各種医療を格安で受けられるので、
最近はとても注目されています。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html



posted by gartan at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの美容(医療)

タイでタイ王宮料理


パトンビーチ・ダイヤモンドクリフホテル向かいにある
「BAAN RIM PA」 タイ王宮料理です。


プーケット一、眺めのいいレストランと言っても過言でないところです。


ロブスターの持ち味を生かすために
味はマイルドになっているロブスターの大豆ソースがけや
カレー風味のさつま揚げ。


さっぱりしたピリ辛生エビをナンプラーにつけたものなど、
タイ王宮料理を是非!


いつもほぼ満席の状態なので、
良い席を取りたいなら予約をしましょう。


店内にはかつてアメリカ大統領の前で
演奏したという方のピアノが奏でられ、


パトン湾のサンセットとほのかなキャンドルで
食事するのも、素敵ですね。

こちらのオーナー、


本物のタイ王宮料理をお客様に
食べて欲しいという気持ちから、


昔、王宮だけで出されていた料理の作り方を
伝授された料理人の子孫を探し出して、


そのレシピを学んだのだそうです。


いろいろな料理を楽しみたい人には
セットメニューもおすすめです。


オシャレで、料理の飾り付けもしゃれており、
特にホテル関係者から評判がいいのだそう。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理について

タイで和食


パトンビーチ通りのワールドジェム隣りのアーケード入ると、
「なか平 ラーメン」があります。


タイでいろいろなおいしい料理もいいけど
タイでラーメン、いいですね(笑)ほっとします。


こちらのオーナーは、
プーケットのアマチュアゴルフチャンピオン。


ゴルフに関しての情報や相談にものってくれるそうなので
ゴルファーさんにも是非おすすめです。

肝心なラーメンですが、種類が豊富でその上、
手打ちだからおいしいんですって。


チャーハンや特製チャーシューサラダもおすすめです!

ゴマダレ味の四川風冷麺は220B。


具も盛りだくさんでかなりのボリュームです。


日本と同じ味がする餃子は120B。


なか平弁当というものもあって、刺身、てんぷら、
ポテトサラダにたくわん、味噌汁がついて600Bです。

そして、食後は2階で
タイマッサージも受けられるのです!


1時間200B、2時間350Bと料金もリーズナブル。
フットマッサージやオイルマッサージもあって


女性一人でも安心して入れますよ。





さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html

posted by gartan at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理について

タイで広東料理

パトンビーチ・ロイヤルパラダイスホテルにある
「ROYAL KITCHEN」こちらは広東料理です。


高層中華レストランで舌鼓はいかがですか?

なんといってもまず食べたいのが北京ダック。
日本では高級料理の北京ダックがなんと


一羽600Bで食べられるのです!!

一匹まるごとなので、皮以外の肉は
ニンニクと炒めるのがポピュラーのようですが、


もやしとあっさり炒めたものも、おいしいんですって。

贅沢なほどのあわびのさいの目切りも
1,400Bとお安い!


チャーハンなど、チャーハンだけでも食べに行きたい
と思うほどのエビチャーハン。120B(2〜3人前)。

そして、これでもか!というくらい
あわびがいっぱいの、あわびのオイスターソース炒めが1400B。

おすすめなのがデザートの杏入りパンケーキ。


想像もできない忘れられない味なんですって!





さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼


posted by gartan at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理について

タイでステーキ

ゲストハウスも併設していて、
カロンビーチ・アイランディアリゾートの
小道を入って突き当たりにある「カロンカフェ」。


スープとサラダ、ビュッフェフリーが魅力です。

アメリカスタイルのステーキハウスなので、
すべてがボリュームたっぷりなのです。

そして最大の魅力は、ディナーメニューを頼むと
スープ&サラダビュッフェがフリーになること!!

新鮮な野菜に3種類のドレッシング、スープもオニオン、
ミネストローネ、クリームスープとあり、


タイでは高級なアボガドもたっぷり使っての
料理やサラダもおいしいと評判です。

上質の肉をたっぷり食べようという方には
300gのリブアイステーキ(429B)なんと400gもあります。


ステーキはUSAとオージービーフの2種類があり、
ソースがじっくりしみ込んだ500gのBBQスペアリブは250B。


おすすめです。




さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理について

GO GO BARへ行こう! ナナ・エンターテイメント・プラザ


ナナ・エンターテイメント・プラザ

ナナとはスクンビット通りのソイ4のことで、


タクシーに乗って「ソイ・ナナ」と言えば連れて行ってもらえるはずです。



中庭にはオープン・バーが数多く並び、


その中庭を取り囲むように3階建ての建物があり、



その建物の中に多くのGO GO BARが入っています。


数年前はここの中庭にはオープンバーが無く、


非常に寂れた空気を醸し出している場末感満点の地域で、


観光客を見かけることなど全く無く、


バンコク在住の人の溜まり場となっていました。


しかし現在は中庭にオープンバーもでき、


非常に活気を感じる一体となってきました。


数年前を考えると信じられなくもあります。



すでにパッポンを超えたという声まで出ていて、



最近観光客が非常に多くなってきました。



ここは「パッポン」のように「ボッタクリ・バー」のようなものが存在しなく



どこの店でも安心して飲むことができ、


そういった意味でも観光客が安心して来れる地域として



観光客が増えることになったのかもしれません。



1階の店の中では、Rainbow T、Uがいつも賑わっており、




日本人客をよく見かけます。



2階の店は小規模な店が多く、



客が少ない分、フレンドリーな店が多く、



一人で飲みに来る時などは、結構居心地が良かったりします。



Tity Twister、Fantasia、Hollywood Star、Angel Witchなどす。



3階に3つバーがあり、どこのバーでもショーが見れます。





さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | タイで夜遊び

GO GO BARへ行こう! ぼったくり!?


パッポン通り





シーロム通りとスリウォン通りを結ぶソイのうち、

ソイ1がタニヤ通り、

ソイ2、3がパッポン通りとなっています。




アジア最大の歓楽街として有名です。




昼はほとんどの店が閉まっており閑散としていますが、

夜になると道沿いにビッシリと夜店が並び、




通り沿いにはGO GO BARが多数並んでいます。





このエリアの歴史は古く、




通りの名前となっているパッポン氏が1954年に


このエリア一体の土地を買い



西洋人ビジネスマンをこの地区に呼ぶための

ショップハウスを作ったことから、




その後この一体の多くの西洋人のために

多くのバーが出来たことに始まっています。





前回にも述べた通り、

ここは特に観光客が多いことから、




ボッタクリ・キャッチ・バーのような店が多いらしい

(とは言っても私は一度もボラれたことは無い)のですが、




1階の店はそのようなことは全く無いと思ってもらって結構です。




店の名前で言うと




King Castle T、U、V、Camerot Castle、 Kings Cornerなどは




安全な店です。




2階の店にボッタクリ・キャッチ・バーは多いようですが、

だからと言って全てがボッタクリというわけではなく、




Queens Castleは2階で安全な店で、

良心的でショーが面白いバーです。








さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

posted by gartan at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | タイで夜遊び

GO GO BARでの注意点

GO GO BARでの注意点





パッポン通りの一部の店で

「ビール数本飲んで一時間で1万バーツ(約3万円)」




などの料金を請求されたなどのボッタクリ店情報があります。




このような店はバンコク市内であればパッポン通りぐらいにしかなく、

またこのような店は2階の店に多いらしいです。




私はそのような目に遭遇したことが無いのでわかりませんが、

だいたいそういうところは客がほとんど居なかったりして

怪しい雰囲気を醸し出しているはずです。





パッポン通りの2階は全て危険かと言うと、

そうでもなくパッポンの2階でもショーが面白かったり、

良心的な店もたくさんあるので、




警戒しすぎるのもどうかと思います。





前回にも触れましたが、ダンサーの女の子は

「飲み物を奢ってくれ」と要求してきますが、




店によっては女の子やウェイター、ウェイトレスがたくさんやってきて、

「コーラを奢れ」としつこく言ってくる場合があります。(コーラ攻撃!)





中にはOKとも言っていないのに、

勝手に飲み物と伝票を持ってきて勝手に

伝票を伝票入れの中に入れてしまう悪い女の子までいます。




さらにもっと悪いのは、

頼んでもいない飲み物を勝手に伝票につけてしまう輩までいます。





これは前回にも触れたとおり、

飲み物代の一部が女の子に入ってくるからで

それはダンサーの女の子もウェイター、ウェイトレスにとっても同じです。




ただしこの「コーラ攻撃」を受けているのは日本人ばかりで、

欧米人などはそんなことをされている姿を見たことがありません。





ようするに日本人は「コーラを奢ってくれ」と言われても

曖昧に返事をすることが多いようで、




「NO」とも言わず、通常より高い値段を請求されても

文句も言わずに払ってしまうようで、




しかも自分では何も抵抗しなかったのにもかかわらず、

後で人に「○○の店でボラれた!!」などとぼやいているのです。





同じ日本人としてナメられて欲しくはないので、

このように「コーラを奢ってくれ」と言われても、




奢りたくなければ、はっきりと「NO!!」と言ってください。




それと覚えの無い伝票などがあって高い料金を請求された場合にも、

はっきり「頼んでいない!!」と言って下さい。





このような伝票の上乗せは

ウェイターやウェイトレスが小遣い稼ぎに勝手にやっていることが多く、

店のマネージャーに知れたらクビになるので、




「マネージャーと話をしたい」などと言っても良いですし、

また「警察に行こう」でも良いです。





タイ語が喋れなくても

タイ人は「POLICE」ぐらいの英単語は理解することが出来ます。




そうすると慌てて謂れの無い伝票は料金から外されることでしょう。





だからと言って、飲み物を奢らないほうがよいと言うことではなく、




あくまで自分が奢りたいと思った女の子にはおごってあげましょ。











さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | タイで夜遊び

GO GO BARへ行こう!

GO GO BARとは





GO GO BARとは女の子がステージの上で踊っているバーです。

元の語源から察すると女の子がステージの上で踊るダンスは

ゴーゴーなのでしょうが、

実際にはゴーゴーを踊っている女の子などいません。

バンコク市内やパタヤ、プーケットなどには多くのGO GO BARが

存在しており、バンコク市内であれば、




パッポン通り、




ナナプラザ、




ソイカウボーイ




が有名です。





GO GO BARの中では、

ただ単に女の子が踊っているだけの店もあれば、

いろいろなショーで楽しませてくれる店もあり、

そのスタイルは店によってさまざまとなっています。





基本的には「バー」なので見るだけはタダで、

中に入ってビールやその他のお酒を飲んでいるだけであれば、

飲み物代以外を支払う必要は無く、

特別なエントランスフィーなどを取られることはほとんどありません。





ビールも一本当たり100バーツ前後と比較的リーズナブルです。





もともと欧米人がタイに持ち込んだ文化なので、

客層は欧米人がほとんどですが、

一部人気店では日本人の姿も目立ちます。





また男性客がほとんどですが、

観光でタイに来ている人などはカップルで一緒に来ていたり、

複数人のグループと一緒に女の子が来ている姿もよく見かけます。





特に欧米人は夫婦やカップルといった組み合わせで

来ているのをよく見かけますし、

時々酔った欧米人女性が一緒にステージの上で踊っていたりします。





ダンサーの女の子が時々やってきて、

「飲み物をおごってくれ」と要求してくることがあります。




これには理由があって、

その飲み物代の一部がダンサーの女の子に

入ってくるようになっているからです。





ダンサーの女の子の店からもらえる給料は

店によって違うとは思いますが女の子に聞いたところだいたい

7000バーツ(2万1000円ぐらい)程度だそうで、

それ以外に飲み物を奢ってもらった時のバックと、

お客さんからもらったチップのみで生計をたてていることになります。




だから女の子から飲み物を奢ってくれと言われたら、

嫌でない限り奢ってあげましょう。









さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼

http://auctop.com/oversea-it.html


posted by gartan at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | タイで夜遊び